桜月流 活動報告 鬼剣舞とは SERINA お問合せ・入会 HOME
桜月流の家紋はV's companyが制作しています
桜月流では、人・美・舞・創・健の5つの心をモットーに取り組む時間になります。 音楽にあわせた踊りを舞うことだけではなく、様々な「心」を習得していきます。

母から舞踊をならった事をきっかけに幼少の頃より数々の舞踊団体を歩き、日本舞踊・新舞踊を学ぶ。

型にはまった従来の舞踊では満足せず新しい舞踊の形を追求。

桜月流を設立。長唄、演歌に留まらずJポップ、洋楽など様々なジャンルに挑戦。

 

準備中

≪鬼剣舞の原点≫

岩崎(現・北上市和賀町岩崎)では、古くから念仏踊りが存在していたものと考えられており、

そこに衣川(現・奥州市衣川区)からの西経路での念仏剣舞が影響を及ぼしました。

さらに東経路で伝承された川岸念仏剣舞が取りいられました。両者の念仏剣舞と地元の念仏踊りが融合して、

新たな念仏剣舞が形成されました。

これが、鬼剣舞の原点となりました。

 

≪鬼剣舞の秘伝書≫

1732年の 「剣舞由来録」 が現存し (江戸時代中葉)、各種10巻からなります。

由来や儀式、踊りの内容、作法が詳細に記され、現在活動する鬼剣舞保存会に岩崎から与えられています。

鬼剣舞の免許所的な役割をもちます。

個人に与えられるもので、30年~40年の経験が必要です。

 

≪鬼剣舞の念仏作法≫

念仏回向(ねんぶつえこう)。死者供養や供養塔、仏前の前、さらには神前で行われる儀式です。

この場では、回向文(えこうもん)が唱えられます。

死者を供養する念仏剣舞、現世を守る神楽、両者の流れを組むため、結婚式やお葬式どちらでも踊られます。

 

   引用 岩手県北上市 きたかみ魅力辞典

桜月流公式テーマ曲「刻の扉~ときのとびら~」の作曲・編曲・演奏を手掛ける。

主にギター、三味線を演奏する傍ら、ピアノ、ドラム、ベースなど幅広い楽器の演奏も行う。

作詞・作曲はもちろん編曲もすべて自分で手掛けている。

主な動画

http://www.youtube.com/user/tyrashanon/videos

twitter

https://twitter.com/s0e2r0i7

 

フォームを送信中...

サーバーにエラーが発生しました。

フォームを受信しました。

桜月流で受講されたい方は右記のフォームよりお問合せ下さい。

 

性別や年齢は問いません。ただし他流儀の教室で受講中の方はお断り申し上げます。

岩手県北上市を中心に活動する舞踊団体「桜月流」のホームページです 日本新舞踊協会所属

Copyright 2015 創作舞踊団 桜月流 All Rights Reserved.